Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    SGホールディングス 営業収益1兆1000億円めざす

    2010年4月8日

     
     
     

     SGホールディングスは3月29日に記者発表会を開き、12年度まで3年間の中期経営計画「セカンドステージプラン」の内容を発表した。
     栗和田榮一社長は「09年度までの『ファーストステージプラン』の3年間はグループ各社の基盤構築を行い、一定の成果を挙げた。この成果を踏まえ、事業領域の拡大と収益基盤の強化を一層進めていきたい」と語った。


    0408sg.jpg
     計画方針として、(1)宅配便事業における収益基盤の一層の強化(2)重点事業への経営資源の集中による第2・第3の柱事業化を加速(3)社会の変化・顧客ニーズに迅速に対応し、事業化を推し進める──などを挙げ、人材育成や社会貢献活動にも積極的に取り組むことを示した。
     宅配便事業は、「eーコレクト」を強化して通販市場に対応するほか、即配便体制構築や国内航空活用でtoC市場の拡大を図る。
     M&Aも「シナジー効果が期待できれば積極的に行う」と説明。M&Aの投資額として3年間で600億円を見込んでいる。
     プラン全体では3年間で1900億円の投資を計画。最終の12年度には営業収益1兆1000億円、営業利益550億円(利益率5%)を目標に掲げた。
    ◎関連リンク→ SGホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら