Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    関空 空港内に日本初の医薬品専用共同定温庫

    2010年4月13日

     
     
     

     関西国際空港は8日、空港内に日本初となる医薬品専用の共同定温庫を整備すると発表。


     床面積は750平方mで、管理温度帯別では20℃が650平方m、5℃が100平方m。取り扱い最大容量は月間で約800トン。
     運用事業者はキャセイ関西ターミナル(大阪府泉佐野市)。運用開始は9月30日の予定。
     医薬品貿易は日本メーカーの海外進出や外国メーカーの日本への生産拠点の展開などで、航空物流の中でも大きなシェアを占めるようになってきており、特に関西圏は生産拠点や研究開発拠点が集積している。
     
     関空の2009年の薬品輸入額は開港以来過去最高の4281億円で輸入額全体の18.3%を占めている。
    ◎関連リンク→ 関西国際空港株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら