Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    アルコール検知器の使用義務化が決定 来年4月から

    2010年5月6日

     
     
     

     国交省は4月28日、点呼時のアルコール検知器の使用義務付けを発表。施行は来年4月1日。「事業用自動車の「飲酒運転ゼロ」を目標とする「総合安全プラン2009」に基づき、貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正した。


     来年4月以降は、対面点呼で酒気帯びの有無を確認するだけでなく、アルコール検知器の使用が必要。検知器の性能基準は当面問わないとしているが、故障がないか頻繁に確認しなければならない。
     また、電話点呼の場合には、運転者に検知器を携行させ、結果を報告させることになる。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら