Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    コープネット事業連合 「エコセンター」完成

    2010年5月6日

     
     
     

     関東信越の8生協が加盟する生活協同組合連合会コープネット事業連合(赤松光理事長、さいたま市南区)が、千葉県野田市で建設を進めていた「コープネットエコセンター」がこのほど完成し、4月21日から稼働を開始した。


    0506co1.jpg
     同センターは、生協の店舗から出る食品トレーや牛乳パック、卵パック、魚箱などの資源物を回収して集めた上で、そうした資源物を減容・圧縮する施設。再資源化で、循環型社会の実現に向けて貢献していくとしている。

     1500坪の敷地に、650坪の鉄骨造り平屋建ての建物で、処理能力は、発泡スチロール減容が1時間当たり300kgで、ダンボールの圧縮が同10トン、ペットボトルが同400kg、アルミ缶が同100kg。
     牛乳パックなどの資源物の回収は、物流センターから店舗へ配送を行うトラックの帰り便を活用する。これまでの取引先による回収から帰り便へシフトすることで、物流コストやリサイクルコストの削減を図れるとしている。さらに、同センターはカーボンオフセットを活用し、CO2排出量をゼロにしている。
     稼働に先立ち、同16日に開所式を開催。取引先などの関係者に加え、根本崇野田市長も出席した。
    ◎関連リンク→ 生活協同組合連合会コープネット事業連合

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら