Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    カンダホールディングス 顧客評価で真価問う

    2010年5月31日

     
     
     

     カンダホールディングスは16日、「ダッシュ21! 中央発表会」を開催。
     カンダグループの各ブロックから選抜された14サークルが、それぞれのダッシュ活動成果を発表した結果、「カートの生産性をさらに20%アップする」を目指して取り組んだ本社営業3課のサークル「ときめき!おとめた~い」が最優秀賞を受賞。勝又一俊社長から賞金と賞状が贈られた。


    0531k.jpg
     第15回を迎えた今年の参加サークル数は192サークルとなり、昨年より1割以上増えた。
     勝又社長は「ダッシュ活動では『月2回の会合を開こう』と申し上げてきたが、現在延べ3300回を数えている。昨年の2400回に比べ4割増えた。定着してきたようで嬉しい」と述べた後、ローソン、リクルート、イトーヨーカ堂など顧客からの表彰が相次いでいることを改めて紹介。
     「ダッシュ活動は社内の表彰で終結するのではなく、顧客の評価を得て初めて真価が問われる。『活動のための活動』でなく顧客に評価される真の活動を目指し、真に役立つ提案に取り組んでいきたい」と呼び掛けた。
     受賞サークルは次の通り。
    ▽最優秀賞=ときめき! おとめた~い
    ▽優秀賞=チーム零(小山協同センター)
    ▽チャレンジ賞=内勤どーよ?(北関東CSセンター)
    ▽アイデア賞=K’z(ケーズ、本社)
    ▽社長特別賞=START(本社営業3課)、フレッシュミント(館林営業所)
    ◎関連リンク→ カンダホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら