Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日通 タイ向けDoorデリバリーサービス開始

    2010年6月25日

     
     
     

     日本通運は14日、日本側からタイに向けたDoorデリバリーサービスを開始した。


     これは日通の定期海上混載輸送・アローインターナショナルの新商品で、日本国内5都市の各コンテナフレートステーション(CFS)からタイ・ラカバンCFSまで海上混載輸送を利用。タイ国内の最終配達先まで、日通のネットワークによる一貫輸送で、高い品質の輸送サービスを提供する。
     内容は、輸入通関手続きを含まない「どあコン・タイ」と、輸入通関手続きを含んだ「どあコン・タイ プラス」の2種類を用意。
     料金はトータルコストがわかりやすい円建てのパッケージ料金設定(関税など特殊費用別)で、配達エリアはタイの主要工業団地とバンコク市内となっている。
     同サービスは既にシンガポール、香港、大連と中国主要都市向けにも提供されている。
    ◎関連リンク→ 日本通運株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら