Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「SAS睡眠時無呼吸発見プロジェクト」がスタート

    2010年7月9日

     
     
     

     NPO法人睡眠時無呼吸症候群ネットワーク(SASネット)はこのほど、「SAS睡眠時無呼吸発見プロジェクト」をスタートした。
     物流業界はもちろん、一般社会でもSASの認知度は年々高まっているが、推計200万人以上とも言われる潜在患者数に対し、医療機関で治療を受けたのはわずか20万人程度という。この現状を踏まえ、同プロジェクトでは認知と理解を促し、検査と治療の促進を進める啓蒙キャンペーンを来年3月末まで展開する。


    0709topp1.jpg
     キャンペーンキャラクターには、評論家の山田五郎氏を起用し、「本人、気づかず」をキャッチコピーに、啓発を進めていく。
     SAS治療機器を取り扱う帝人ファーマ、フィリップス・レスピロニクス、レスメドの3社が協賛し、厚労省も後援している。
     同プロジェクトでは、SASの中でも多くの割合を占める閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の啓発を推進するため、キャンペーンサイトを開設。疾病に関する知識がなくても、症状、原因、リスク、検査・治療方法が把握できるコンテンツが網羅されており、SASの治療が受けられる全国の医療機関リストも掲載されている。
     SAS広報委員会事務局によると、「SASの特徴の一つである『いびき』が病気と知られておらず、『よく眠れている証拠』と誤解されている方も多い」とし、「本人が気付いていないケースが多く、家族や周りが教えてあげることが必要。ぜひ、サイトを見て理解を深めてほしい」と呼び掛けている。
    ◎関連リンク→ SAS睡眠時無呼吸発見プロジェクト
    ◎関連リンク→ NPO法人睡眠時無呼吸症候群ネットワーク(SASネット)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら