Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    鈴与 日航から航空貨物取扱事業を譲受

    2010年9月3日

     
     
     

     鈴与(鈴木与平社長、静岡市清水区)は8月19日、会社更生中の日本航空からJALカーゴサービス(千葉県成田市)の名古屋空港における航空貨物取扱事業を譲り受けると発表。
     同時に、中部国際空港でグランドハンドリングサービス業務を手掛ける中部スカイサポート(愛知県常滑市)とJALスカイ名古屋(同)の株式95%を取得する。
     同日付で株式と事業譲渡契約を締結した。9月30日に株式譲渡、10月29日に事業譲渡を行う。


     鈴与は静岡県の富士山静岡空港を拠点に、子会社のフジドリームエアラインズ(FDA)が航空事業とグランドハンドリング事業を展開。
     鈴与の鈴木社長は「買収した2社を含めた3社の実績とノウハウを水平展開し、航空各社の更なるサービス水準の向上につなげていきたい」とコメントしている。
    ◎関連リンク→ 鈴与株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら