Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    バンテック 現場力を高めるための研修プログラム新設

    2010年9月15日

     
     
     

     バンテック(山田敏晴社長、神奈川県川崎市)は、物流の現場力を高めるための研修プログラム「現場管理実践コース」を新設。物流センターなど現業部門の監督者層の管理・改善力の強化を目的としたものという。


     同社は従来から監督者層管理教育の一環として、監督者が現場管理の基本などを習得するための「現場管理教育」を実施してきた。新設したコースは、その次のステップとして、監督者が従業員教育や改善指導を行う際に役立つ実践力を身につける。
     2010ー12年度で合計210人の受講を予定。1回の受講は10人で4か月のカリキュラムを組む。
     梱包箱の組み立てから出荷に至るまでの作業について改善、検証を繰り返し行い、仕事の標準化、PDCAサイクルの重要性を体得する合宿形式の実践演習や、約2か月の職場の改善実習、改善発表なども行う。
    ◎関連リンク→ 株式会社バンテック

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら