Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    SBSグループのエーマックス 3物流センター売却

    2010年9月17日

     
     
     

     物流事業施設や不動産開発・提供など不動産ファンド事業を営むSBSグループのエーマックス(山本剛士社長、東京都墨田区)は1日、グループ内の物流センター3施設の売却契約を締結した。


     売却先は、シンガポール政府系リート会社のメープルツリー・ロジスティクス・トラストが日本国内で運営する会社で、売却物件と売却価格は、野田物流センター・48億円(土地2.4万平方m、延べ床面積3万6000平方m)、入間物流センター・34億円(同2万6000平方m、同2万6000平方m)、岩槻物流センター・価格未発表(同3万9000平方m、同2万8000平方m)。
     この売却で80億円の資金を回収し、最終利益5億円となる見込み。回収資金は有利子負債の返済に充て、経営重点施策である財務基盤の健全化を進めるとしている。
     SBSグループの基幹センターとして現在も使用している野田物流センターは、賃貸契約を締結して引き続き使用する。
    ◎関連リンク→ SBSホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら