Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    オリックス不動産 太陽光発電システムを導入

    2010年10月5日

     
     
     

     オリックス不動産(東京都港区)は9月24日、現在開発を進めている物流施設に、太陽光発電システムを導入すると発表。対象となる施設は、川越産業団地ロジスティクスセンター(埼玉県川越市)、市川千鳥町ロジスティクスセンター(千葉県市川市)、小牧ロジスティクスセンター(愛知県小牧市)の3物件。


    1005ori.jpg
     いずれも延床面積が6000坪から2万2000坪の規模を誇る大型の物流施設で、設置する太陽光パネルは合計2160枚。年間で計17万6160kwhの発電量を見込んでおり、建物内の照明や空調などで使用する電力の一部を賄うことで、環境に配慮した物流施設の実現を目指す。
     同社では、「入居する企業からの省エネへのニーズは高く、環境配慮を掲げるテナントの理念にも応えていきたい」としている。
    ◎関連リンク→ オリックス不動産株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら