Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    全通連 「メッセナゴヤ」でモーダルシフトを紹介

    2010年11月17日

     
     
     

     全国通運連盟(川合正矩会長)とJR貨物は合同で「メッセナゴヤ2010」に出展。10月27日から30日までの4日間、環境・エネルギーをテーマに、エコについての展示などを行った。


    1109-9.jpg
     COP10会期中の開催となったこともあり、同連盟では「モーダルシフトで元気な輸送」を掲げ、コスト削減と環境対策に大きく貢献する鉄道コンテナ輸送を紹介。輸送の機軸となる31フィート・ウイングコンテナ内にブースを設置した。
     展示とともに、クイズも実施。環境負荷の小さい鉄道利用で、CO2排出が7分の1に削減できる点などが学べる仕組みで、多くの来場者が楽しんだ。
     今回はCOP10の開催に併せ国内30都府県はもとより、中国を始めアジア諸国、欧米企業も参加し、過去最大の出展数となった。物流企業ではこのほか、日本通運、トヨフジ海運、トヨタ輸送など数社が出展。環境、エネルギーを考える展示が目立った。
    ◎関連リンク→ 社団法人 全国通運連盟

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら