Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    トナミHD 中国・大連の現地法人、年明けにも稼働へ

    2010年12月2日

     
     
     

     トナミホールディングスは11月12日、中国の大連で準備を進めてきた現地法人について、100%出資で年内にも設立する方針を明らかにした。当初の出資額は数千万円になる見通しで、年明け早々にも業務を開始する。


     設立後、大連市郊外にある工業団地に倉庫や仕分け作業用の物流センターを建設する。経済特区内のため輸出入の関税処理などがしやすい。
     日本やアジア諸国への輸出入に加え、中国でも物流を手がける。大連には取引のある日系企業が多く進出し、同社でも上海とともに2年前から事務所を置いて市場調査を行ってきた。
    1129-3.jpg
     また、大連のある遼寧省と富山県とは友好提携を結んでおり、富山県から多数の企業が進出している。現法の立ち上げ当初から自動車やIT製品など、部品で運送を見込めるという。
     現法はタイ・バンコクで設立したトナミタイランドに続いて2社目となるが、綿貫勝介社長は「タイでも現地企業の買収に向けて数社と交渉中」としている。
     同日に発表された第2四半期決算では、主力のトラック運送事業が製造業の活況を受けて好調となり、売上高は前年同期比プラス5.7%の583億1700万円で最終損益は4800万円の黒字(前年同期は1億900万円の赤字)を計上した。
    ◎関連リンク→ トナミホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら