Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    プラウドが新サービス 要望に合う人材を紹介

    2010年12月6日

     
     
     

     運転業務のアウトソーシングとドライバー人材業を手掛けるプラウド(石山光博社長、東京都千代田区)が、12月1日から新しい人材仲介システムを開始、1月1日から正式にサービス提供を展開する方針。


     この新紹介システムは、プラウドが求人企業から希望する人材の資格や条件を聞き、本来ならば求人企業が行う「募集広告の出稿・応募者の受付・書類選考・面接」などの作業をプラウドが代わりに実施、要望にあった人材を紹介するというもの。
     一般的な仲介業の場合、紹介した人材の想定年収の3割程度が手数料の相場だが、同社の「人材紹介」では紹介者一人に付き10万円から(所有資格などにより加算)の設定。同社では「ホワイトカラーの人材紹介では既にあるシステムだが、物流業界の現場の人材紹介では初めて」と説明。
     同様に、募集先からの要望を聞き、募集から一次面接、スキルチェック(運転職希望者)を行った上で、試用期間として雇用して貰う「職業紹介」システムもある。これは人材をフィルタリングする手数料(一人当たり3万円から)だけで、派遣契約同様に1日から月単位で契約、更新も可能。
     プラウドでは「一気に増車する場合などはこのシステムが良い。紹介した人材が良ければ、人材紹介に切り替えて無期限雇用することもできる」と話す。同社では6か月間で300社の利用を目指す。
    ◎関連リンク→ 株式会社プラウド

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら