Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    SGモータース ボトラーカーを開発、新規分野へ参入

    2010年12月15日

     
     
     

     SGモータース(谷本育夫社長、大阪市大正区)は、オリジナルボトラーカー「FVV」(For・Vendor・Vehicle)を新開発し、11月18日からベンダー企業を対象に販売を開始した。


    1211-1.jpg
     FVVは(1)顧客ニーズに基づく機能性とドライバーに優しいボディー仕様(2)アルミボディー生産の実績を基にした低価格での提供(同型車比で5―10%減)(3)耐久性に優れた構造――が主な特長。
     同日開かれた発表会で谷本社長は「09年6月に三国コカ・コーラボトリングの傘下だった新三国モーターズ・サービスの株式譲渡を受け、新たに当社子会社のSGモータース関越がスタートしたことがきっかけ」と経緯を説明。その後も「三国コカ・コーラグループが利用しているルートカーの点検・車検整備を継続して利用してもらったことで、ボディー機能などドライバーの要望や改善点を知った」という。
     FVV開発を契機に「ボトラーカーの製造・販売」という新規分野へ参入する。現在、佐川急便の「飛脚クール便」向け3温度帯車両のノウハウを活用し、「FVV」への冷蔵機能搭載に向けた開発を進め、11年度から販売する。
    ◎関連リンク→株式会社SGモータース

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら