Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    全国引越専 プラ製ボックスを開発、引越ゴミを削減

    2012年9月12日

     
     
     

     「引っ越し時のゴミの排出をいかに抑えるかが、環境対応として取り組んでいる重要なテーマ」と語るのは、ハトのマークの引越センター(全国引越専門協同組合連合会、山野英二会長)管理部の今井修部長。
     全国引越専は、「親切・ていねい・安心」の経営理念に加え、「環境」を重要な要素と位置付け、「グリーン・プロジェクト」を展開。日本全国で「植林ボランティア活動を企画・推進し、引っ越し作業時の一般廃棄物の排出を抑える環境配慮型「エコ・プラン」の全国展開などを中核に、環境保全活動を推進している。


    083005.jpg
     1回の引っ越しで、段ボールが数十枚単位で廃棄処分されるため、ゴミの排出をいかに抑えるかを検討している中で、リユース型の専用資材を開発した。「エコ・プラン専用BOX」はプラスチック製で、繰り返し利用できるため、ごみ処分の必要がない。また、ガムテープを一切使わず、マジックテープで簡単に組み立てられる。
     さらに「引っ越しでかかるストレスとして、環境の変化、手間がかかることが挙げられる。皿やコップも一つひとつ紙で包むより、ウレタンなどで梱包すれば、作業時間を短縮し、お客様の負担を軽減できる」。
     しかし、普及はこれからだという。「まだまだコストが高い上に、段ボールは扱いやすさがある」。新しい梱包材を使いたいという顧客のニーズも根強く、環境配慮への理解を得られていないのが現状だ。「引越業者として社会的責務がある。利益を上げればいいというものではない。いかに物を循環させていくか、社員一人ひとりの意識付けが必要。まずはできるところから着実に取り組んでいく」。
     全国引越専の本部では「環境方針」を作成。「環境マネジメントシステム」を構築し、ISO14001の認証も取得している。
    ◎関連リンク→ 全国引越専門協同組合連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら