Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    NEC 19、26日に「物流可視化セミナー」参加者募集

    2012年9月14日

     
     
     

     NECは9月19日と同26日の2日間、「物流可視化セミナー」を開く。テーマは、「サプライチェーンロジスティクスの可視化をクラウドで実現!」。
     同社では、「輸送中の貨物ステータスを正確に把握したい」というニーズに対し、「何が、どこに、どれだけあるか」をタイムリーに把握するとともに、物流過程全体の可視化を実現する物流統合クラウドサービス『NeoSarf/Logistics』を提供。東陽倉庫(名古屋市中村区)など、大手国際物流事業者が利用している。


     今回のセミナーでは、同ソリューションの活用方法についてデモを交えて紹介。また、温度・湿度・衝撃度を計測するセンサを活用することで、流通過程での一貫した品質管理を実現し、リスクマネジメントに貢献する『物流品質トレーサビリティサービス』について解説する。
    時間はいずれも15時30分から17時。
    会場は、NEC本社ビル1FのNECクラウドプラザ(東京都港区芝)。
    参加費用は無料。
    詳細は同社HP、http://www.nec.co.jp/seminar/120919log/
    ◎関連記事→ 東陽倉庫 NECのクラウドサービス導入

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら