Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    トランコム 東証、名証一部へ上場

    2012年12月11日

     
     
     

     トランコム(清水正久社長、名古屋市東区)は12月10日、東京証券取引所第一部、名古屋証券取引所第一部銘柄への指定の承認を得たと発表。同17日から、それぞれ取引を開始した。
     同社は1956年、武部宏会長の父純三氏が、トナミ運輸から愛知小型運輸の営業権を取得してスタート。59年に、トランコムの母体となる大手電機メーカーの倉庫事業を手掛けるナゴヤトランスポートセンターが設立された。


     95年4月に株式をジャスダックに公開。02年2月に東証2部、名古屋2部に上場した。10年以上増配を継続しており、今期は売上高881億円(8%増)、営業利益45億1000万円(17.3%増)、経常利益43億6000万円(14.8%増)、純利益25億4000万円(24.9%増)を見込む。
     主力の物流情報サービス事業は、年間80万件の荷物と空車をマッチング。3PLのロジスティクスマネジメント事業と、生産請負のインダストリアルサポート事業(IS事業)が事業の柱。中国の大連、天津、上海、香港の4拠点、タイのバンコク、インドネシア・ジャカルタで物流情報サービス事業の展開も進んでいる。本格的に東アジア、アセアンを見据えた海外戦略を打ち出し、天津に現地法人を設立。生産請負事業の海外拠点として事業展開している。
    ◎関連リンク→ トランコム株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら