Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    DHLサプライチェーン リターナブルコンテナを開発

    2013年1月21日

     
     
     

     DHLサプライチェーン(東京都品川区)は、精密機器などの輸送時の環境負荷低減のため、繰り返し使用できる「多目的リターナブルコンテナ」を開発した。3年契約で受注した富士通のサーバ引き取り修理サービスの輸送で活用している。


    011220.jpg
     国際特許を出願している同コンテナは、輸送時の衝撃や振動を最小限に抑えながら3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進するため、富士通の協力のもと、耐久性や積載効率に配慮し開発されたもの。
     緩衝材としてウレタン膜を二重にし、空気を残すことで強度を高める特殊技術を採用。ウレタン膜を支える枠の部分に再生古紙製ハードボードを使用することで、コンテナ自体の重量を5kgまで軽量化しながらも、耐荷重を従来比2.5倍の最大50kgにする強度と100回以上使用できる耐久性を実現した。
    ◎関連リンク→ DHLサプライチェーン株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら