Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    鴻池運輸 仙台センターが完成、4温度帯に対応

    2013年3月19日

     
     
     

     鴻池運輸は4日、宮城県黒川郡にBCP(事業継続計画)対応型の「仙台食品流通センター」が完成し、竣工式を実施した。
     4温度帯対応の物流センターで24時間、365日対応。食品や食品原料の保管業務、冷凍や冷蔵食品の仕分け、配送や食品工場への食品原料の配送管理業務、流通加工業務などを行う。敷地面積は約1万4000平方m、倉庫面積は約1万2000平方mで鉄骨3階建て。収納力は8500パレット。


    03141.jpg
     監視カメラや入退室管理システムにより、フードディフェンス体制とギフト・アソート・通販業務に最適な独立した流通加工スペースを確保。自社システムによる日付管理とトレーサビリティー機能に加え、ハンディターミナルとバーコードを利用したロケーション管理を実施する。
     同社は、東日本大震災で仙台空港近郊にあったコウノイケ・クール・ロジスティクス東北が、津波により拠点倉庫が喪失するなど、東北におけるグループ各拠点が被害を受けた。そのため、東北でのグループの定温物流ネットワーク2拠点の倉庫業務を集約し、東北地区の基幹センターとしての役割を持たせる今回のセンターを竣工した。
    ◎関連リンク→ 鴻池運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら