Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    センコー 札幌PDに2号倉庫、1万5000平米増床

    2013年5月16日

     
     
     

     センコーは4月12日、札幌市の札幌PDセンター敷地内に「2号倉庫」を竣工した。同センターに隣接する倉庫5棟が老朽化したためで、新倉庫面積は2万平方mと建て替え前の倉庫5棟の面積に比べ1万5000平方mの増床となり、既存倉庫と合わせた同センターの延べ床面積計は3万平方mの大型物流拠点となった。
     札幌市街地や新千歳空港、苫小牧港へのアクセスに優れているほか、貸し事務所用のスペースも備える。また、北海道の気候に対応するため、トラックの荷下ろし・積み込み作業時に雪が庫内・車内に吹き込まないよう、トラックと倉庫の搬入口を密着させるドックシェルターを18基設置。倉庫内は暖房を完備し、商品の凍結防止、温度管理の必要な商品の保管にも対応しているほか、庫内の作業環境の向上にも配慮している。


    0429-1.jpg
     同社は昨年1月にも北海道北広島市に「北広島PDセンター」を稼働させており、「今後はこれらの拠点を足掛かりとして、北海道地域でのさらなる事業拡大に取り組む」としている。
    ◎関連リンク→ センコー株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら