Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「こんな運賃に誰がした」昔の運賃表と比較

    2013年5月17日

     
     
     

     「昔は12万5000円、それが現在は8万円。スポットでもらう帰り荷の場合は同じ8万円でも税込みというケースも少なくないから、はっきりいって異常だ」と兵庫県中央部の運送社長。机の引き出しから平成2年の運賃表を取り出し、電卓を叩き出した。
     地元から東京まで大型トラックを走らせる想定で、距離制運賃の掛け率に基づいて計算すると、確かに12万円を超えた。「いまの若手経営者からすれば信じられない話だろうが、休日(2割)や深夜・早朝(3割)、悪路(同)などの割増料金、さらに30分刻みの車両留置料まで明示されていた」と述懐する。


     嘆き節は止まらない。「消費税が導入され、それまで12万5000円だった運賃は10万円ほどに値下がり。それが、いまは8万円。トラックの新車価格が上昇し、軽油の値段も当時の倍以上になっているにもかかわらず、運賃だけは下がり続ける。仕事がなければ生きていけないから、(安い運賃で割って入る同業者を)だれも責められない」。
     同社長の話のなかで、さらに驚かされたのは「消費税を内税扱いにされる運賃がある」ということ。定期の仕事など通常の取引ではないようだが、「帰り荷でもらう仕事のなかには、同じ8万円でも消費税込みというケースが意外に少なくない」と社長。現行の5%なら実質の運賃は7万6190円で、これが8%だと7万4074円、10%になれば7万2727円と、どんどん目減りしてしまう。
     「預かり金」ではあるものの、消費税を日常の運転資金として回す中小事業者が大半。「納税の時期がくれば信用金庫でカネを借りて払っているのが実情。消費税の税率が8%、さらに10%へと引き上げられることを踏まえれば、運賃収入が減り続けるなかで金融機関からの借入額だけが増える一方になってしまう。業界全体が真剣に考えないといけない問題だ」と神妙な面持ちで話している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら