Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日商 駐車規制の見直しなど、意見を政府に提出

    2013年6月24日

     
     
     

     トラック業界で問題となっている中型免許や駐車規制に対し、日本商工会議所が意見を取りまとめ、このほど政府の規制改革会議(岡素之議長)、産業競争力会議(安倍晋三議長)、経済財政諮問会議(安倍議長)にそれぞれ提出した。
     日商では2月から3月にかけて、全国43か所の商工会議所を通じて会員企業などにヒアリングを行い、規制・制度改革を希望する「現場の生の声」をとりまとめた。その意見書が「中小企業の活力強化・地域活性化のための規制・制度改革の意見50」で、中型免許の問題や駐車規制問題が記されている。駐車規制では、中心市街地でドライバーが放置駐車違反の取り締まりを受けることが多く、頻繁に違反した場合は企業が車両の使用制限の処分を受けるなど、物流業の事業継続に支障をきたすおそれがあるとして、荷さばき車両に配慮した駐車規制の見直しを求めている。


     一方、中型免許の見直しでは、高卒新卒者の就労促進のためとして、中型免許取得の年齢要件等(20歳以上、運転経歴2年以上)に引き下げるか、もしくは普通自動車運転免許で運転可能な車両総重量の上限を「6.5トン未満」へ見直しを求めている。
    ◎関連リンク→ 日本商工会議所

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら