Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東京港コンテナターミナル いまだ3時間待ち

    2013年10月2日

     
     
     

     東ト協の海上コンテナ専門部会(種田光男部会長、日本コンテナ輸送)は9月2日、「東京港各コンテナターミナルにおける海上コンテナ車両待機時間調査」の結果を公表。
     改善されても数分から数十分程度の短縮で、ターミナルによっては平均待機時間が3時間という実態が続いていることが判明した。
     調査は東京、神奈川、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉の各ト協海コン部会に所属する事業者のうち、27店社を対象に「並び始めとゲートアウトの時刻」をドライバーが調査票に記入する方法で、5月25日から6月7日まで実施。コンテナターミナルは(1)青海ふ頭(2)大井ふ頭(3)品川ふ頭の3エリアでオペレーター別に分類した12か所。


     前回調査(2011年11〜12月)に比べ、調査対象のコンテナ本数は5178本と2253本増加。
     平均待機時間は、数分から数十分程度改善されたケースが多かったものの、相変わらず青海ふ頭では空コンテナ搬出に3時間、同搬入に2時間、実入りコンテナ搬出に1時間58分、品川ふ頭では空コンテナ搬出に2時間22分など、長時間待機を強いられているケースが目立つ。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人東京都トラック協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら