Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    新総合物流政策大綱の検討開始「戦略型で強靭化する」

    2017年4月12日

     
     
     

     新しい「総合物流施策大綱」(以下、大綱)の策定に向け2月16日、有識者による検討が始まった。座長は野尻俊明流通経済大学学長が務める。今後、6回程度の会合を重ね、6月上旬をめどに提言をまとめ、関係省庁との協議を経て大綱案を策定する。閣議決定は今夏を予定する。
     現在の大綱は2017年末で目標年次を迎える。通常は5か年計画としているが、他の施策との兼ね合いも踏まえ、2017年から2020年までの4か年計画とする見込み。
     重田雅史大臣官房物流審議官は「前回の大綱策定から、物流業界をめぐる風景は変化している。次の5年、10年を考えると、構造的に対応していかなければ物流が途切れる」と危機感を露わにし、「『課題対応型』ではなく戦略性を持って、国策としての物流戦略をしっかりまとめたい。大切なのは、この国の力である物流を強靱化すること」と話した。


    031805.jpg
     また、経産省商務流通保安グループの小瀬達之大臣官房審議官は「全体最適の物流の実現には、物流事業者と製造業・流通業などの荷主と消費者、それぞれの構造を最適化することが求められている」と話し、「AIやロボットなどの技術革新で課題解決できる環境も整いつつある。これらは急ピッチで進んでおり、5年あるいは10年先を見据えながら対応していかなければならない」としている。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら