Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ヤマト運輸 スーパーフルトレーラ25導入

    2017年10月3日

     
     
     

     ヤマト運輸は9月19日、スーパーフルトレーラ25(車両長25mの新規格の長大連結トレーラ)を国内で初めて導入し、年内に厚木、中部、関西の各ゲートウェイ(GW)間で運行を開始すると発表。ドライバー不足に対応し、主要都市間のより効率的な幹線輸送を実現するという。
     新規格トレーラは、積載量が従来の大型トラックの2倍に増加。輸送時は、荷物の入ったロールボックスパレット(RBP)を積載。RBPは前方のトラクターに18本、後方のトレーラには20本積載できる。


    092708.jpg
     また、異なる事業者のトレーラを連結し、1台の車両として運行できることから、事業者の壁を超えた業界全体の輸送の効率化が可能になるという。開発協力メーカーは、いすゞ自動車と日本トレクス。スーパーフルトレーラ25の実車は、10月5日に大阪府茨木市で行われる関西GWの開所式で展示する予定。
    ◎関連リンク→ ヤマト運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら