Now Loading...
 
  • バックナンバー

    五友エコワークス 被災地復興のため「支援水」を販売

    2018年12月6日

     
     

    五友エコワークス(山崎正一社長、飯塚市)は、購入した本数と同じ本数が選択した被災地に支援される「被災地・復興 支援水」の販売を、このほど開始した。同社では、養護施設などへのランドセル寄贈をはじめ、国際協力機構(JICA)からパプアニューギニアへの支援許可を取得するなど、社会貢献への思いが強く、「被災地には安全・安心で健康的な水が必要不可欠」と考え、同サービスを提供したという。

    同システムの運営をするヤマトジン(青木大和人社長、福岡市)は、霧島連山の天然シリカ水を使用した商品では、「東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震など、支援できる被災地を選択し、購入本数と同数を送るというシステム」で、「購入者(支援者)には選択された被災地と支援本数を記入した支援証明書を発行する」という。

    すでにイベントなどでブースを設けており、精力的に活動しているが、「支援水の提供自体をビジネスとして行っているわけではない。一層、多くの協力者が必要。復興支援活動を通じて運送会社の協力が不可欠だと感じた」とし、「様々な被災地へ救援物資を届けるにあたり、トラックやフォークリフトを使用した迅速な運送会社の対応には感動した」という同社長。「このシリカ水は軟水。だから被災地での粉ミルクにも使え、赤ちゃんにも安心で安全」と話す。

    「復興支援を行いたいという善意があったとしても個人レベルではミスマッチが起こり、自治体へ大きな負担をかけることもある」とし、「被災地での水の供給は何よりも必要」と語る。同システムの特許も出願し、体制を整えた。「賛同して頂ける運送事業者と共に、支援を行いたい人と被災地をつなげていきたい」と意気込む。配送に関する問い合わせは五友エコワークスの担当・山本氏まで。

     
    無料サンプルのお申込み
     
     
     

    愛読者の声

    • 有限会社倉益運輸 草野博一社長

      有限会社倉益運輸 草野博一社長

      国交省や厚労省、警察庁などからそれぞれに厳しいルールを突きつけられるが、どれも一方的すぎて、我々の主張や意見がくみ取られることはない。事業者単位では対応できない矛盾や、理不尽な問題にこそ業界紙の力で改善につなげてもらいたい。

    • 東紅流通センター株式会社 有明営業所 高橋勝美所長

      東紅流通センター株式会社 有明営業所 高橋勝美所長

      「当社は紙全般の輸配送、倉庫保管、荷役を行なっている会社です。同じ業界で物流ウィークリーを購読している人がいたのと、本社に届けられているサンプルを見て、情報を取るのに良いと思い、購読することにしました。紙の専門新聞もありますが商流の情報が多く、物流に関してのものが少ないので、考え方が偏ってしまいがちです。トラック業界が現在どのような状態で、当社がどう対応していくべきか分からなかったので、新人のためにも新聞を読んで情報を集められたら良いと思います。今後は、運んでいる業界別の特集を組んでも面白いと思います。ただ、使われているトラックの写真が古いようで、記事自体も古く見えてしまうので、もう少し新しいものを使った方が良いと思います」

      http://www.toko-rc.com/

    • 越野運送株式会社 河野守忠マネージャー

      越野運送株式会社 河野守忠マネージャー

      「中小企業の声などが多く掲載されているだけでなく、物流掲示板など仕事などの情報も載せているので情報が取りやすい新聞。実際に掲示板で仕事の繋がりもできているので非常に助かっている」

      http://www.koshino.co.jp/index.html

      愛読者の声をもっとみる
       
     
     
     
  •  
  •  
  • 「バックナンバー」の 月別記事一覧

     
  • バックナンバー」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら