Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    福岡市ドローン物流協議会 輸送検証を実施

    2019年1月9日

     
     
     

    ANAホールディングス(片野坂真哉社長、東京都港区、ANAHD)とエアロセンス(谷口恒社長、同文京区)、福岡市(高島宗一郎市長)が構成する「福岡市ドローン物流協議会」は昨年11月20日から22日までの3日間、延べ4度のドローンを使った輸送検証を実施した。

     

    検証の場となったのは、同市西区の唐泊港から離島・玄界島ヘリポートまでの往復10キロにわたる海上で、無人地帯での目視外飛行実験となった。

     

     

    21日の実験では、唐泊港から玄海島まで書類や医薬品を運び、玄界島から唐泊港までは島の海産物であるワカメが輸送された。実験で使用されたのはエアロセンスの離着陸を含めた完全自律飛行のドローン。70mの高度を時速36キロで飛行し、漁船では約20分かかるという片道5キロとなる目的地に約9分で到着した。輸送物を収納したボックスは発泡スチロール製で表面に強化プラスチックを塗った物。1kg程度の荷物が搭載可能となっている。

     

    実験ではドローン物流での費用対効果や二酸化炭素の削減効果の検証をしつつ、ドローン物流での課題の洗い出しが行われた。

     

    エアロセンスの佐部浩太郎氏は「5kgの物が運べれば小口配送はカバーできると言われている。しかし、ドローンでの宅配を実現するには、有人地帯での飛行が安全に行えるようにならなければならないと同時に、容認されなければならない」と述べた。

     

     

    同事業は2020年以降のビジネス化を目指して、今後も取り組みが進められる。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら