Now Loading...
 
  • トピックス

    若者を遠ざける業界イメージを採用時に払拭

    2016年3月2日

     
     
     

    soukou_0222.jpg 運送業界への悪印象は、まだまだ根強く残っている。運送事業は危険、拘束時間が長いといった悪いイメージが付きまといがちだが、未経験者雇用、または雇用定着を狙う際には、こうしたイメージが障害となることもある。求職者本人が乗り気でも、その家族から反対を受け、やむなく入社を辞退したというケースも出ている。



     名古屋市の危険物運搬を請け負う事業者は昨年、求職者の親から反対を受け、若手を逃したという。人事担当者は「大学を卒業した若手が入ってくると期待していた。我々の業界を志してくれたのに非常に残念だ」と苦い表情を浮かべる。同市中川区に拠点をもつ事業者は「ト協でのポスターによるPR活動などがあり、業界の認知度も、やや向上しているように感じるが、それでもクリーンなイメージにはほど遠い。業界一丸となって、安全教育や労働環境の改善を続け、印象の良い環境や人材を育てていくことが必要」と主張する。荷主に対しても、安全な環境下で運転者が働ける適正な運賃を理解してもらう必要があると訴える。また同事業者は運転者の採用についても「拘束時間や事故後の処遇などの労働環境を説明しないまま、面接した次の日から働かせる環境がおかしい」とし、「そういった行為の積み重ねが運転者の不満、ひいては労使トラブルに発展し、余計に印象を悪くしている」と指摘する。(詳しい内容は、物流ウィークリー2月22日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら