Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【売上高公式の因数分解】

    2009年11月15日

     
     
     

    売上アップがままならなくて悩んでいる企業は、「売上高=客数×
    客単価」の公式を、まずは因数分解するところからはじめましょう。
    因数分解すると、この公式は、以下のようになります。
    売上高=(既存客数+新規客数-離脱客数)×平均買上点数
    ×平均単価×平均購買頻度
    このように分解すると、打ち手が見出しやすくなります。
    次の1)~5)に当てはまる手を、打てばよいのです。
    1)新規客数を増やす
    2)離脱客数を減らす
    3)平均買上点数を増やす
    4)平均単価を上げる
    5)平均購買頻度を上げる
    社内で議論し、これら5つについて、それぞれ10の打ち手を挙げて
    みてください。
    これで、合計50の売上アップ策が見出せます。
    あとは、そのうちいくつ実行できるかということです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら