Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【内なる選択基準を知る方法】

    2011年6月12日

     
     
     

    「ときめかないモノは、捨てる」は、今話題の片づけコンサルタント、
    近藤麻理恵氏が提唱する整理の基準です。
    モノをひとつひとつ手に取り、ときめくモノは残し、ときめかない
    モノは捨てていくやり方です。
    しかし、手に取った時に、ときめかなくても、捨てるのをためらって
    しまうものもあるでしょう。
    近藤麻理恵氏は、その時、自分自身の選択基準が、「過去執着型」か
    「未来不安型」か、判明すると言います。
    買ったときの価値や背景、思い出などに引きずられて、捨てることが
    できない人は、過去執着型。
    「またいつか、使うかもしれないし・・・」と言って、捨てることが
    できない人は、未来不安型。
    この選択基準は、モノの整理だけに当てはまるものではない、人との
    付き合いや仕事の選び方においても同様とのこと。
    例えば、仕事のやり方を変えられない場合でも、過去の成功体験に
    囚われているのと、これからの失敗を恐れているのと、それぞれの
    タイプでは、理由が違います。
    モノを片付ければ、人生においてのすべての選択基準が判るという、
    彼女の主張は、たいへん示唆に富んでいます。
    ・「人生がときめく片付けの魔法」(サンマーク出版)
    乙女の整理収納レッスン
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら