Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【テンションとモチベーション】

    2011年8月30日

     
     
     

    面接の時は、メチャクチャ元気でハキハキしていて、やる気満々だと
    思ったのに、採用してみると、予想外にショボい人材だった・・・と
    いう経験を、多くの企業がしたことがあるのではないでしょうか?
    なぜこのような間違いが起きるかというと、「モチベーション」と
    「テンション」は違うからです。
    テンションが高くても、モチベーションは高くない(持続しない)
    人間は、実は、たくさんいます。
    むしろ、テンションが高過ぎる人間は、要注意だと言ってしまっても
    よいでしょう。
    なぜなら、心の中の傷や不安を、隠したり、抑えたりするために、
    無意識にテンションが上がっている可能性があるからです。
    または、他責型思考による過大な事前期待感が、テンションを上げて
    いる可能性もあります。
    どちらの場合も、小さなきっかけで、心が折れてしまう危険性が
    高いと言えます。
    ですから、面接の時に、異常なほどテンションの高い人間には、
    注意する必要があります。
    逆に、モチベーションは高いが、テンションは低い人間もいます。
    こういう人のテンションを平均まで上げて、成果を出せるようにする
    のは、そう難しいことではないと思います。
    面接の時は、相手のテンションに惑わされずに、モチベーションの
    高さを見極めることを心がけましょう。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら