Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【人はなぜトップブランドを選ぶのか】

    2011年10月31日

     
     
     

    マーケティングの世界的権威であるジャック・トラウト氏は、著書
    独自性の発見」(海と月社)の中で、「人はたいてい『買いたい』
    ものではなく、『買うべきだ』と思うものを買う」と指摘しています。
    なぜなら、人は、ものを買うとき、次のようなリスクを感じて、心が
    不安定になるからです。
    ・金銭的なリスク
    →これで損をするかもしれない
    ・機能的なリスク
    →うまく機能しないかもしれない、期待通りに動かないかもしれない
    ・肉体的なリスク
    →ちょっと危険かもしれない、ケガをするのではないか
    ・社会的なリスク
    →これを買ったら、周りの人はどう思うだろうか
    ・心理的なリスク
    →これを買ったら後ろめたく感じるのではないか
    こういった心理になるため、多くの人はトップブランドを選ぶのだと
    言います。
    ですから、2番手以下の商品、企業は、これらのリスクを払拭する
    ためのツールを用意する必要があります。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら