Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【死と仕事】

    2011年11月10日

     
     
     

    おそらく多くの人が感じていると思いますが、東日本大震災を期に、
    死に対して敏感になり、身近にとらえられる人が、増えています。
    そのような「眼の開けた人」は、お金や物質を追い求めることよりも、
    「限られた人生を、悔いのないように過ごしたい」と考えます。
    今後は、こういう価値観が、大勢を占めていくでしょう。
    この価値観は、仕事についての意識にも、大きな影響を与えます。
    従業員をお金や物質で釣るのは、ますます難しくなります。
    それよりも、これからは、その会社でその仕事をやっていて、充実
    しているか、意義を感じるか、(マクロな意味で)愉しいかといった
    「やりがい」が、最も重要視されるようになるでしょう。
    つまり、いくらお金を積んでも、やりがいを感じなければ、辞めて
    他を探すという人が、今までよりもっと増えるのです。
    従業員が、人生をかけるにふさわしい会社か、仕事か、という視点で、
    自社のことを見直してみてください。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら