Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【人事評価制度の目的】

    2011年12月25日

     
     
     

    人事評価制度の構築・運用の目的は、経営トップの方針を、組織内に
    示すことです。
    経営トップの方針は、イコール組織構成員の行動指針だからです。
    ですから、評価項目の策定にあたっては、まず経営理念、経営方針を、
    明確にしておく必要があります。
    それらが明確にした上で、項目に反映させれば、共通の目的の下に
    一体化した、強い組織づくりにつながる制度ができます。
    例えば、S倉庫社は、行動指針のひとつに「〈知識〉より多くの
    知識を手掛かりに、より高付加価値な仕事を実践しよう」という
    言葉を掲げています。
    その指針に基づき、同社の拠点長の評価項目の中には、次のような
    ものがあります。
    > 仕事に役立つ知識習得・自己啓発のために、積極的に読書を
    > 行なっているか?
    この項目の実行度合いを、定期的に、定量評価することにより、経営
    トップの理念・ビジョンの実現につなげていくという意向です。
    人事評価制度を構築する際には、経営トップの方針とつなげることが
    最も重要です。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら