Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【失注客を回る】

    2012年2月9日

     
     
     

    失注した顧客とは、もうコンタクトを取らないという企業は、多いと
    思います。
    しかし、それは、非常にもったいないことです。
    自社に対して、一度は期待をかけてくれた先です。
    よほど信頼を損ねるようなことをしていなければ、優良な見込み客
    であることには、変わりません。
    特に、購買先の検討の機会が多い商品を扱っている場合には、この
    失注先対策は、とても重要な戦略です。
    期間イベント設備の設計・施工を営むF社は、自社が見積もり提案に
    関わったイベントが終了した直後に、必ず顧客を回っています。
    目的は、そのイベントの成果と、よかった点、問題点をつかみ、次の
    機会の企画提案に活かすためです。
    このとき、設計・施工業務を請け負った顧客だけではなく、失注した
    顧客へも訪問し、同じ項目のヒアリングを行なっているのです。
    これをすることによって、次回の受注率は、確実に高まります。
    一度失注しても、まだ「The End」では、ありません。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら