Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【標準設問項目】

    2012年8月16日

     
     
     

    買い手が、ずぶの素人であっても、超ヘビーユーザーであっても、
    スムーズな購買をサポートできるのが、プロです。
    しかし、これが、実は難しいのです。
    特に難しいのは、ずぶの素人のときです。
    多くの売り手が、相手がある程度の知識を持っているという前提で、
    話をスタートし、進めてしまいます。
    その結果、相手との間には溝ができてしまい、購買にはいたりません。
    そういう失敗を避けるためには、最初に訊く設問項目を、3つほど
    規定しておくとよいでしょう。
    例えば、以下のような項目を、標準として挙げるのです。
    1)何回目の購買か?
    2)何に使うのか?
    3)予算はいくらか?
    これらを把握すれば、相手のレベルや基本的な要望が押さえられ、
    スムーズに話を進めることができます。
    自社の商品に合わせた最初の設問項目を、ぜひ考えてみてください。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら