Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【異文化認識】

    2012年10月14日

     
     
     

    早稲田大学大学院の専任講師、西條剛央氏が、「異文化だと認識して
    いるうちは、争いは起こりにくい」という主旨の発言をしていました。
    えば、大学院の授業で、外国人の生徒が、机に足を上げて聴講して
    いても、「文化が違うから」と寛容にとらえることができ、「注意
    すればいいか」となります。
    しかし、日本人の生徒が、同じことをしていたら、講師の側としては、
    かなり不機嫌になるでしょう。
    これは、外国人を相手にしたときは、異文化だという認識が前提に
    あるからです。
    そして、西條先生は、夫婦間や親子間、兄弟間で、ケンカになり
    やすいのは、逆に「同じだ」という期待認識があるからだと言います。
    「なぜそんなことをするのか?」、「なぜそんなことを言うのか?」、
    「なぜそんな言い方をするのか?」といったように、自分と同じ
    考え方、とらえ方をするはずと思っていた相手に、裏切られた感じが
    してしまうのです。
    社内の人間関係についても、まったく同じでしょう。
    つまり、お互いを寛容にとらえ、無駄な争いを起こさないためには、
    お互いが異文化だという認識を持ち合うことが、必要なのです。
    西條剛央ブログ
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら