Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【現場視察受け入れのポイント】

    2012年10月16日

     
     
     

    現場視察を受け入れる際のポイントについて、お話します。
    最も手ごろな商品の品質が高ければ、その企業の評価は、著しく
    上がります。
    永年繁盛している老舗のお菓子屋さんは、手ごろな価格の商品こそ、
    徹底的に情熱をかけて作ると言います。
    それがおいしければ、間違いなく全体のイメージはよくなります。
    このルールは、現場視察にも適用できます。
    例えば、倉庫会社では、見込み客への営業の段階で、倉庫見学会を
    実施することが、よくあります。
    その際、現場最前線にいる一般スタッフのレベルが高いことが
    伝われば、非常に営業効果があります。
    全体のイメージが、アップするからです。
    見学の途中に出た見込み客からの質問に、現場にいる一般スタッフが
    スラスラ答えられたときのインパクトは、想像に難くないでしょう。
    そのために、見学時の想定問答集を作って、現場スタッフの事前
    研修を行なっておくのは、非常によいことです。
    会社の営業力が上がるだけでなく、スタッフの現場理解度も上がり、
    品質もよくなっていくと思います。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら