Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【ケース面接の目的】

    2012年11月15日

     
     
     

    コンサルタント会社で、よく使われる採用面接の手法に、「ケース
    面接」というものがあります。
    これは、応募者に、特定の事例について、問題解決アプローチを思考、
    提示してもらう手法です。
    口述試験が中心になります。
    面接官は、ディスカッションを通して、適性を判断します。
    合格するために、市販の問題集を解いたり、スクールに通って模擬
    面接をくり返したりする応募者が、多くいるようです。
    しかし、マッキンゼーの元採用マネージャー、伊賀泰代氏は、同社に
    入社している人の大半は、「ケース問題は、うまく解けなかった」と
    いう人だと言います。
    なぜなら、ケース面接は、答えが出せるかどうかを見る面接ではない
    からです。
    伊賀氏は、ケース面接の目的は、その候補者について、以下の2点を
    知ることだと言います。
    ・どれほど考えることが好きか
    ・どんな考え方をする人なのか
    頭の中に蓄えた知識から、その問題の解法を取り出そうとする人では
    なく、その場で実際に、一生懸命に考える人が欲しいからです。
    そして、他人とは違った考え方をする人が欲しいからです。
    つまり、考えるのが好きで、ユニークな視点を持っている人が、
    コンサルタントに向いていると考えているのです。
    時代の変わり目である現在は、将来がどうなるのか、予測が難しく、
    どの企業も、自社の方向について、考え抜かねばなりません。
    そう考えると、幹部候補についての採用の視点は、コンサルタント
    候補を見る、上述の2つの視点と同じではないでしょうか?
    「ケース面接」を採り入れる意義は、大きいと思います。
    ・「採用基準
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら