Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【象徴的な物を遺す】

    2013年1月22日

     
     
     

    職場に、象徴的な物を遺すことによって、標語を掲げる以上の効果を
    得られることがあるでしょう。
    例えば、フェイスブックの本社には、他社のロゴマークが貼ってある
    窓があります。
    前の入居者である、サン・マイクロシステムズのロゴマークです。
    サン・マイクロシステムズは、2010年1月に、オラクルによって吸収
    合併され、法人としては解散した企業です。
    フェイスブックは、「ITの業界の流れは速いため、決して油断しては
    ならない」という戒めを常に確認するために、ロゴマークを遺して
    あるのです。
    また、アマゾンの事務所には、ドア板で作られた机があります。
    同社は、創業時の赤字だった頃、節約のために、ホームセンターから
    買ってきたドア板で机を作って、使っていました。
    その節約の精神を忘れないため、今でもドア板机を置いているのです。
    あなたの会社の精神を示すために、象徴的な物を遺すという手が
    あります。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら