Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【次を担う人財を育てる】

    2013年2月15日

     
     
     

    「組織を拡大したいが、責任者を担う人財が育っていないため、
    現状は難しい」と嘆く経営トップは、少なくありません。
    そこで、当面は、外部から経験者を求めることになります。
    しかし、今の状況では、そういう人財は、なかなか見つかりません。
    また、それでは、経営トップの想いが浸透する組織にはなりにくいと
    いう問題もあります。
    いつまで経っても、人が育ちにくい土壌のままなのです。
    ですから、どの時点かで、本気で、次の人財を育てるための企画を
    導入しなくてはなりません。
    例えば、茨城県水戸市に本社を置く食品物流企業の雄、茨城乳配では、
    「ナンバー2会議」という企画を実施しています。
    これは、次期所長クラスの人材を各部署から集め、組織の現状と課題、
    成功事例などを共有し、討議するための会議です。
    スタートしてから2年間が経ちますが、大きな成果があったようです。
    企画者の同社副社長、吉川国之氏は、ブログで、次のように述べて
    います。
    > 今まで同じメンバーで会議や討論を進めてきたせいか、メンバー
    > 全員に責任者としての感覚が身に付いてきたようで、発言の内容に
    > 感心させられることが増えてきました。
    > 中には、拠点の責任者として十分にやっていけるだけの能力を
    > 持った社員も出てきましたし、社員のメンターになりたいという
    > 希望を持って活動を始めた社員もいます。
    > これが、この2年間将来の責任者を育成しようという目的で続けて
    > きたこの会議の成果なのでしょう。
    そして、ナンバー2とそれ以下の層の差が大きくなってしまったと
    いう、新たな課題が出てきたそうです。
    同社では、現在、「ナンバー3会議」の開催を検討中です。
    部門責任者を担える人財をつくるために、OJTだけでは、不足です。
    なぜなら、ナンバー1と2では、持つべき視点が違うからです。
    組織を順調に拡大させたいなら、本気で次の人財を育てるための
    企画を導入してください。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら