Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【形式知化のしかけ】

    2013年2月26日

     
     
     

    ベテラン社員が経験によって体得した知識やノウハウを、後進に伝授
    していくことは、組織にとって、重要な課題です。
    この課題解決への取り組みが、比較的うまくいった組織が、著しい
    発展を遂げることになります。
    その手段として、真っ先に思いつくのは、マニュアルの作成でしょう。
    質のよいマニュアルができ、適切な教育の仕組みができれば、課題の
    解決へ大きく前進します。
    しかし、効果的なマニュアル作成にもノウハウがあり、またかなりの
    手間がかかるという問題があります。
    そこで、まだそこまでの手間をかけられない組織には、ベテランを
    対象としたインタビュー企画を実施することをおすすめします。
    後進の社員が、ベテランの知識やノウハウを形式知化する目的で、
    インタビューをするのです。
    会議の中にプログラム化してもよいし、個別にやって、社内報に
    載せてもよいと思います。
    ちなみに、私の部署では、各チームリーダーが、毎週1回、自身の
    持つコンサルタントとしてのノウハウを文章化して、部署内の全員に
    メール配信する「リーダーもの申す!」という企画を実践しています。
    それらを読んでいる部下たちは、多くの示唆を得られているのでは
    ないかと自負しています。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら