Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【特有の用語を遣う】

    2013年2月12日

     
     
     

    ターゲット顧客層を対象に、特有の業界用語、またはその業界で特に
    ポピュラーな用語を遣うのは、効果的なマーケティング手法です。
    自社が、ターゲット顧客層の抱えている問題、課題について、よく
    理解しているということをアピールできるからです。
    例えば、IT企業の雄、オー・エイ・エスは、展示会への出展時に、
    ブース来場者へ、名刺と引き換えに手渡す小冊子に、この手法を
    使ったタイトルを付けて、大きな効果を得ました。
    そのタイトルは「通信販売でLTVを高めるための3つのポイント」、
    ターゲット顧客層はネットショップです。
    LTVとは、「Lifetime Value」の略で、日本語に訳すと「顧客生涯
    価値」です。
    顧客1人あるいは1社の顧客ライフサイクル全期間で、その顧客が
    企業にもたらした価値の総計のことです。
    LTVは、通販業界特有の用語ではありません。
    しかし、よく遣われる言葉であり、意識されているものです。
    このタイトルの小冊子なら、多くの来場者が欲しがるはずです。
    販促・営業ツールを作成する際には、ぜひ検討してみてください。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら