Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【業績アップ弁当】

    2013年3月31日

     
     
     

    使われるシーンをうまくとらえれば、秀逸なコンセプトを生み出す
    ことができます。
    例えば、弁当の世界に、すばらしいモデルがあります。
    弁当の価値は、通常、味、量、そして価格で測られます。
    しかし、築地青木の「会議活性化弁当」は違います。
    その名のとおり、会議の活性化による業績アップ、目的が置かれて
    いるのです。
    食後に眠くならないように、血流がよくなる材料を使い、また、胃が
    重くならないように、揚げ物は入れていません。
    脳の活性化のため、よく噛める具を選んでいます。
    使用シーンを会議に置くことによって、作り方のすべてが、そこへ
    向くのです。
    現状、品質と価格以外の軸しか持っていない場合、ぜひ参考にしたい
    商品づくりの例です。
    ちなみに、主観ですが、「会議活性化弁当」は、味もグッドです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら