Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【好きを育てる】

    2013年4月26日

     
     
     


    いわゆる『職人』がメインプレーヤーの業種の場合、その職種に
    憧れを抱いている人、その仕事が好きな人を採用すべきです。
    そういう人の方が、「好きこそものの上手なれ」で、一所懸命技術を
    追求する、望ましい職人になるでしょう。
    しかし、教育的な観点では、仕事を好きになること以上に、会社を
    好きになるように、持っていくべきだと思います。
    自社の社風や仲間を好きになれば、自分自身の目的・目標を会社の
    それらと重ね合わせて、発展させられる人財となるからです。
    例えば、運送会社の場合でも、トラックや運転が好きなだけの人は、
    会社のビジョンや方針と合っているかは問わず、自身の業務だけに
    集中してしまう傾向にあります。
    また、簡単に辞めてしまう人でもあります。
    なぜなら、同業他社でも、トラックの運転はできるからです。
    さらに、そういう人は、部下や後輩を育てることを嫌がります。
    そんな暇があれば、技術を向上させたいからです。
    「自分は、そんなことをするために、入社してきたわけじゃない」と
    いう主張です。
    世に言う、『職人根性』です。
    職人根性の人が多数を占めれば、会社の発展は望めません。
    会社を好きになるための教育は、非常に重要だと思います。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら