Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【カリスマ性は不要】

    2013年6月1日

     
     
     

    リーダーにとってカリスマ性は、組織を掌握するために、非常に
    便利なものです。
    アジア最高の政治家と言われる台湾元総統の李登輝氏は、「カリスマ
    的な指導者は、大した知恵を用いずとも、秩序ある社会を想像する
    ことができる」と分析しています。
    しかし、一方で、「カリスマ的な指導者は、長期的な政治生命を保つ
    ことができない」とも述べています。
    なぜなら、カリスマの力は、大衆の感情によるものであり、一種の
    幻想だからです。
    人の感情は、変わるものです。
    大衆の支持は、いつひっくり返るかも判らないのです。
    希望がかなえられなければ、大衆の幻想は、一瞬にして消え去ります。
    そのため、李元総統は、「あまりカリスマになってはならない」と
    説きます。
    カリスマ性を持ち、人心を掌握することを志向するのではなく、
    真剣に国民の幸せを考えて、行動し続ければよいと言います。
    永年企業づくりを志向するリーダーにとって、大事なことを示唆して
    いると思います。
    ・「最高指導者の条件
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら