Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【仕事の愉しさ】

    2014年5月21日

     
     
     

    経営コンサルタントの小宮一慶氏は、会社が、社員のモチベーション
    アップ策に注力することほど、無駄なことはないと断じています。
    そして、その理由を解説するために、「ディズニーランドへ行って、
    『さあ、モチベーションを上げよう!』と思う人はいない」という
    例を挙げます。
    つまり、モチベーションをコントロールしようとするのではなく、
    会社自体、仕事自体を愉しいものだと認識させることが、最高に
    モチベーションを上げるポイントだということでしょう。
    私は、仕事の愉しさは、次のようなときに得られると考えます。
    ・顧客に貢献できたと感じたとき
    ・仲間に貢献できたと感じたとき
    ・世の中に貢献できたと感じたとき
    ・成長したと感じたとき
    ・自分または自社が、特定分野で一番だと感じたとき
    ・長所を活かした活動ができていると感じたとき
    こういった仕事の愉しさを得られる仕事を、皆で追求していけば、
    結果的にモチベーションは上がります。
    会社をディズニーランドのような愉しい場にするのです。
    ・「社長の心得
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら