Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【個別と大人数】

    2014年9月16日

     
     
     

    人間は、小人数でいるときの方が、本音を言いやすいものです。
    反対に、多数のときは、本音が言いづらく、発言が建前的になって
    しまいます。
    ただし、後者の傾向が、よくないということでは、決してありません
    なぜなら、建前的な意見は、『あるべき姿』を表したものである
    場合が、多いからです。
    つまり、「建前=きれいごと=理想」だということです。
    ですから、リーダーは、部下との1対1の『面談』と大人数を集めた
    『会議』を、趣旨によって、上手に使い分けていくべきでしょう。
    相手の本音を聴き、不安・不満的な感情のブレーキ要因を取り除いて
    あげなければならないときは、全体の場ではなく、個別の面談を
    しっかり行ないます。
    しかし、言い訳や固執等の利己的発想を改めさせるべきときは、個別
    ではなく、全体での会議の場を設けた方が、たいてい効果的なのです。
    人間は、大人数でいるときの方が、あるべき姿に向けての議論に
    なりやすいからです。
    例えば、私の所属する部署では、年に2回、各構成員が順番に、
    今後のアクションプランを発表し、他の人から意見をもらうという
    合宿会議を開催しています。
    この場で、皆に向かって、プランを発表すれば、気持ちが煮え切らず、
    やり切れなさそうなところ、捨て切れないところ、必要のない動きが
    露わにされ、しっかり突っ込まれます
    そうすることにより、無駄のない、戦略に沿った、あるべき流れの
    アクションプランにブラッシュアップされるのです。
    個別と大人数の特性を押さえ、目的を持って、使い分けましょう。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら