Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【社員紹介制度施行のポイント】

    2015年6月8日

     
     
     

    人材採用活動において、既存社員からの紹介は、非常に重要なルート
    だと言えます。
    現在、働いている社員が、「うちの業務特性や社風に合いそうだ」と
    感じて、連れて来てくれるのですから、これほど確からしいものは
    ありません。
    ですから、これを奨励し、『社員紹介キャンペーン』を実施したり、
    『社員紹介制度』を施行したりしている会社も、多くあります。
    これらのキャンペーン、制度のポイントは、紹介した人が入社したら、
    何らかの報奨を受け取れるというものです。
    しかし、本来は、この報奨の対象を前倒しした方が、成果を最大化
    することができます。
    紹介した人が、面接を受けに来ただけで、報奨を渡すのです。
    入社人数よりも、面接人数の方が、ターゲットとして狙いやすく、
    成果に結びつきやすいからです。
    また、採用されるかどうかは、紹介者の範疇でない部分が多いため、
    面接に連れて来ただけで報いるべきという考え方でもあります。
    ぜひ採り入れてみてください。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら